日本電産コパル電子株式会社

×

HOME > 沿革

沿革

昭和42年

(1967年)

電子部品の研究開発・販売を目的に、東京都港区にコパル電子株式会社を設立
資本金1,000万円
昭和47年

(1972年)

サーメット型トリマの製造・販売を開始
昭和49年

(1974年)

田尻事業所を開設
昭和51年

(1976年)

アクチュエータの製造・販売を開始
昭和52年

(1977年)

名古屋営業所を開設
昭和53年

(1978年)

ロータリコードスイッチの製造・販売を開始
資本金を1億500万円に増資
昭和55年

(1980年)

半導体圧力センサの製造・販売を開始
昭和56年

(1981年)

東北営業所を開設
昭和57年

(1982年)

入間事業所を開設
資本金を3億円に増資
昭和58年

(1983年)

資本金を5億円に増資
ポリゴンレーザスキャナの製造・販売を開始
昭和59年

(1984年)

資本金を11億5,000万円に増資
昭和61年

(1986年)

佐野事業所を開設
昭和62年

(1987年)

南関東営業所、北関東営業所を開設
昭和63年

(1988年)

資本金を12億1,615万円に増資
平成3年

(1991年)

長野営業所を開設
平成5年

(1993年)

販売子会社として独国ヘッセン州に現地法人を設立
平成6年

(1994年)

大阪営業所を開設
平成7年

(1995年)

販売子会社として米国カリフォルニア州に現地法人を設立
物流子会社としてグローバサービス株式会社を設立
平成8年

(1996年)

国内全事業部にて品質保証の国際規格ISO9001の認証を取得
シンガポール支店を開設
本社を東京都新宿区に移転
販売子会社としてグローバ販売株式会社を設立
センサ新工場を竣工(佐野事業所)
平成9年

(1997年)

日本証券業協会に株式を店頭登録
資本金を18億6,805万円に増資
平成10年

(1998年)

日本電産株式会社が当社に資本参加
スイッチ新工場を竣工(田尻事業所)
福岡営業所を開設
平成11年

(1999年)

「日本電産コパル電子株式会社」に社名変更
平成12年

(2000年)

中国へ製造委託を開始(委託先:中国浙江省冨陽)
国内全生産拠点にて環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001の認証を取得
東京証券取引所市場第二部に株式を上場
資本金を23億6,205万円に増資
平成13年

(2001年)

販売・物流・部材調達子会社として中国上海に現地法人を設立
平成14年

(2002年)

販売子会社として韓国ソウルに現地法人を設立
製造子会社として中国浙江省平湖に現地法人を設立
中国製造委託先(中国浙江省冨陽)へ資本参加し、合弁会社を設立
平成16年

(2004年)

1単元の株式数を100株に変更
中国製造子会社にて品質保証の国際規格ISO9001の認証を取得
中国製造子会社にて環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001の認証を取得
平成17年

(2005年)

東京証券取引所市場第一部に株式を上場
平成18年

(2006年)

公開買付により株式会社フジソクを子会社化
台湾事務所を開設
平成19年

(2007年)

開発センターを竣工(佐野事業所)
シンガポール支店を現地法人へ変更
平成22年

(2010年)

中国製造委託、販売会社として中国浙江省冨陽に合弁会社を設立
平成23年

(2011年)

台湾事務所を現地法人へ変更
平成24年

(2012年)

電子部品製造販売会社の嘉興金利精密電子有限公司(中国浙江省平湖)との資本業務提携を締結
平成25年

(2013年)

連結子会社である株式会社フジソクを吸収合併